-

自動車を売却する時には場合によっては委任状が必要となる場合があります。それでは、委任状というものはどんなものなのか、実際にどういう場面で使われるのかを説明します。

委任状とは委任状とは車の名義変更をする時に本人が立ち会えない場合に、その代わりに誰かに立ち会ってもらうということを公式に記録した書面です。要するに、誰かに依頼してあることをこの文書で裏付けます。必要になるケース委任状が必要となるのはクルマ廃車の時に、その自動車の名義である本人が同席できないケースです。中古車を買取るというのは、名義が変更されることを意味するのです。これは変更前のオーナー、さらに次期オーナー両者ともしなければならないものですが、場合によってはできないこともあります。そして本人がその場に同席できないのに、名義変更をしなければならない場合は委任状が必要になります。名義を変更するための手続きを代わりに依頼するといった場合に必要と覚えておきましょう。買取専門業者やディーラーでは必須専門業者や中古車ディーラーでの中古車買い取りというのが、普通の車の売却法です。また、業者やディーラーなどの売却先は、多くの場合は名義変更を代行してくれます。名義変更を代わりに依頼できるということで、煩雑な手間が省けるのですがそのときに要るものが委任状です。買取専門業者や中古車ディーラーが準備した委任状へ署名する形が普通です。一般的には必ず必要になる書面委任状はどんな場合でも欠かせないとは限らないものですがあなたが手放した自動車の名義変更手続きに立ち会うことができる人はほとんどいないではないでしょうか。勿論知り合い同士の売却で陸運支局に両者とも同席するということが可能ならば問題ありませんが現実的ではありません。そのため一般的に委任状の書類は車売却の時の必須書類となります。愛車買取とそれにかかわるリサイクル料についてほとんど知られてはいないのですが、車には「自動車リサイクル料」を支払わなければなりません。それではこれについて説明しましょう。

自動車リサイクル料とは自動車リサイクル料という税金は今から7年前に施行された自動車リサイクル法で定められています。自動車を適切に処分するために、車の持ち主が支払わなければならないものです。リサイクル料の料金について自動車リサイクル料はクルマのブランドや希少パーツの有無など自動車によって変わります。ノーマルだと2万円以内くらいで収まります。さまざまな要因でその額は異なってきますが、車検の時に支払うのであれば、出荷時の装備の状態に準じます。自動車リサイクル料の支払いについて自動車リサイクル法は2005年1月から始まりました。そのため曽於時点以降に新車登録した場合はあらかじめ購買時に納付しています。それから2005年1月以前に買っていても車検の際に支払わなければならないものになります。また自動車リサイクル料をあらかじめ支払っているクルマを中古で買うときには、購入の時に支払う必要があります。要は最後の料金を納付するということになっています。リサイクル料の車買い取り時の立ち位置愛車を手放す時にはリサイクル料は戻ってきます。というのは、自動車リサイクル料という税金が最後の所有者に支払い責任があるものだからです。ですから、自動車リサイクル料を納付済みのクルマなのであれば、支払い義務の発生する時点での持ち主が入れ替えになりますので、手放した時に払っている金額が還付されます。ですが廃車のときには戻ってこないので勘違いしないようにしましょう。