-

自賠責保険とは正式には自動車損害賠償責任保険という保険で、略すと自賠責保険と呼ぶ保険になります。このような自賠責は属に、強制保険とも呼ばれていてクルマを決められた期間ごとの車検に通す場合は、決まっている車検期間に効果のある自賠責保険に加入していなければなりません。つまりはすべてのクルマは加入が必要だという保険です。それではクルマに自賠責保険がついたまま売った場合はどうでしょうか。強制保険は車検時に更新をする場合がありますがもし強制保険に入っている車を売りに出した時は、その金額が戻ってくるということはないと思います。というのは自賠責保険を一旦外して、新たなオーナーに移すのはちょっと面倒くさいのです。そのため、強制保険(自賠責保険)というものは、名義変更後に車とともに渡すのが一般的です。しかしながら、その代わりの金額を商品代に上乗せしてくれます。自動車損害賠償責任保険というのは自動車税と違い、既に支払った保険額を月単位で割った額が戻ってくるのではなく、査定額に乗せる方法が使われるのが普通ではありますが、買取査定表に明記されるケースは稀です。ですから、買取の際には自動車損害賠償責任保険の分の金額が買取金額に入っているかを注意したほうがいいでしょう。自らが納付した額がどれだけかということを頭に入れておけば見逃すことはないでしょう。それぞれの自賠責保険の金額については、加入期間により変わってくるので、確認が必要です。自動車の買い取りの時には自賠責保険の名義を変更する必要があります。仮にこれをせずに放っておいたら、保険会社からあなた宛てに保険の満期お知らせが届くことになります。あなたの車が少しでも高く売却できることを応援してます。

Category

リンク