-

一般的に任意保険というものは強制保険である自賠責保険とは違い自賠責保険の範囲では補うことが難しい補償を受ける大事な保険です。これは任意保険の注意点は自動車損害賠償責任保険の上乗せ保険という役割で働きますので自賠責保険の支払い限度額を超えた際に機能します。それに自賠責保険には物的損害については補償対象にならないので、それをまかなう際には任意保険に加入することが望ましいです。今現在任意保険を支払い済みの自動車を処分する時は国内メーカーの自動車あるいはアメ車などことは関係なく、残存金額が還付されます。これは日本の自動車を手放す場合でも同じです。自動車損害賠償責任保険、一般的には入ったままにしておくのが通例ですが任意保険は全員が入るものではないですから、キャンセルをすることになります。それから中途解約をすれば、現時点で 支払っている残存金額が返還されるということになります。自動車買取が成立したと言っても即保険をキャンセルすることは危険です。当たり前ですが、できるだけ早く解約するとそれだけ返ってくる保険料は多くなりますが、車買取店が離れた地域にあるため自分で運んで行くことになった場合には、任意保険なしで車の運転をすることになります。リスクを考えて、もう自分が車の運転をしないという状況にするまで任意保険の契約の中途解約をされないようにする必要があります。中古車を引き取ってもらって新たな自動車を買う場合ならば構わないでしょうがもし長い間車に乗らないような状態が続き任意保険に入っている必要がなくなってしまったらこのように任意保険未加入の時間が存在する場合以前続いていた保険の等級が下がり、保険料が増額されることがあります。こういった状況であれば「中断証明書」というものを発行してもらうようにすることが必要です。この「中断証明書」があれば10年までは無保険になる前の任意保険の等級を継続することが可能です。それから13ヶ月以内は出してもらうことができるのでもしも既に車を売却済みで、「中断証明書」というものを提示してもらっていない場合は保険会社やその代理店に中断証明書を発行していないことをお伝えください。もし自分が他のクルマを買ってその後前に持っていた愛車を処分に出すのならば契約は一方のみのです。任意保険の変更という対応になりますから、運転する必要がある車の場合は買取の際まで注意しましょう。さらに任意保険は車の種類などにより保険料が大きく変化してきますから、買い取りのさいは任意保険の保険料を検討してみる良い機会といえます。