-

多種多様にある融資の手続きの切り口から見てみると、その基準も多種多様であることが言えます。

キャッシングサービスといっても、金融機関であったり大手のものであったり、そして個人のものなどもあり多様です。

キャッシング業者をチェックした場合、明らかに、審査がゆるい会社その逆の厳しい会社に、はっきり分かれます。

同時期にお金を借り入れる件数は、三社というのが判定の基準と言われています。

キャッシングをしている件数が3社以内で、お金の借入れ金額が年収の3分の1より少なければ、金融機関系でも審査基準をクリアする可能性は高いといえます。

金融機関はどの業者よりも借りたお金に対しての金利が低めに設定していますので、ご利用するということであれば銀行がベストです。

借り入れ件数が万が一4件を超えている時は、銀行系は難しくなるといえます。

ですが、2006年に新しくできた出資法等や貸金業規制法の法改正により、利息の上限が下げられ、銀行系では審査がパスしずらい方向にあるはずです。

金融機関系でも、さらに手続きに関しては通りづらくなってきているはずです。

また審査項目のゆるい会社と評判の業者でも、闇雲に申し込めばよいということでもないのです。

万が一、前もってその業者について情報を調べずに申込みをして、審査基準をパスしなかった際は、その審査情報は個人信用情報機関に保管されるのです。

信用情報機関に保管されるスパンは三ヶ月から六ヶ月なのです。

その際、個人信用情報機関の記録が汚れてしまうということになります。

汚れたからといってただちに借りられないことでもありませんが、その情報を閲覧する業者の審査基準には、間違いなく、多かれ少なかれ影響があるといっていいでしょう。

比較的通りやすいといわれている審査項目を持つ会社でも、個人信用情報機関に情報が登録されるいることにより借りられなくなるということも起こってくるかもしれないのです。

Category

リンク